あなたはやすらぎたいのに、なぜやすらげないか?:ジャッジが強すぎる

あなたは旦那さんの前でも、なるべく安らいで、平和でいたい。

もし旦那さんと夫婦げんかはしなくても、平和にすごしたい。

特にけんかしない時こそ、自分は平和でいたい。

 

でもそれは出来ない。

旦那さんへ、不満・失望・怒りが渦巻いてしまう。

 

なぜなら今のあなたは、裁判官のように、

「彼の良い行動・悪い行動」「彼の望ましい行為・望ましくない行為」を厳しく裁断し、

あなたは安らぐことがない。

 

旦那さんに対して、あなたの中のジャッジ・判断が強く、

自分の意見や考えにこだわる時、

まるで裁判官の様に、旦那さんを、手厳しく評価・追求しなければいけなくなる

 

「あの人いつまであんな幼稚なんだろう~」

「あの人まじで子供みたい~」

「どうしてこんな事も分かんないの??」

 

と、夫婦げんかのない時にも、不満や怒り・失望で安すらげない。

 

彼を厳しくジャッジ(判断)すると ⇒ 自分を苦しめる。

 

* 良い・悪いを、持ち込み過ぎると、平和で安らいではいられなくなる

* 好き・嫌いの思いが強烈だと、その分自分が疲れてしまう

 

自分の強い思い・強烈な判断を、手放すとき、しばらくぶりの平和を体験する。

久しぶりに、砂浜でくつろいでいる時の様に。

自分が、自分の強烈なジャッジから解放されるから。

 

今はあなたが自分自身の強烈な思いで、自分自身の心を強烈に動かして自分を疲労させている。

夫婦円満になる方法


≫登録して読んでみる

★1)ボタンを押すとLINEに移動
★2)「追加+」を押す


 

愛着障害から卒業する方法


「愛着の問題を卒業する方法」週に1回LINEで配信中


≫今すぐ受け取る


★1)ボタンを押すとLINEに移動
★2)「追加+」を押す